SEワンタンの独学備忘録

独学した内容や資格試験に対する取り組みの備忘録

【Linux】シェルスクリプトでファイルを移動し別のシェルを実行する

超自分用の備忘録

やりたいこと

①homeディレクトにある「start.sh」を実行し②以下を実施する。
f:id:wantanBlog:20190713231059p:plain

②「sample.log」をhomeからactpathへ移動する。
f:id:wantanBlog:20190713231232p:plain

③「rtest.sh」を実行し「sample.log」の内容を更新する。
f:id:wantanBlog:20190713231701p:plain


ほんとにやりたいとこはもちろん別にあるが、たぶんこれができればできるはず。

シェルスクリプトの内容

・start.sh

#!/bin/bash

homepath=/home/wantan/work/sampleDir/wanta/home/
actpath=/home/wantan/work/sampleDir/wanta/actpath/

#ファイルを実施パスに移動する
mv ${homepath}sample.log $actpath

#実行パス先でシェルスクリプトを実行
shellpath="rtest.sh"

cd $actpath
./$shellpath


別に特段な工夫はなかった。


一応作ったので呼び出し先のシェルも
・rtest.sh

#!/bin/bash

# ログに日付を追記する
echo $(date +%Y%m%d%H%M) >> /home/wantan/work/sampleDir/wanta/actpath/sample.log

sleep 5


sleepコマンドは指定時間の間、処理を待つ。
数字だけ指定すると秒分だけ待つ。
シェルからシェルを呼び出した場合は、呼び出し先のシェルの処理が完了するまで次の処理を待つことの確認用。


Linuxコマンドはやらないとすぐ忘れて使い物にならなくなるな