SEワンタンの独学備忘録

独学した内容や資格試験に対する取り組みの備忘録

【AWS】(番外編)EBSの無料枠が知らぬ間に消費されている!?

ちょっと気になる事象があったので番外編です。

事象

8月に入ってからEC2は一度も起動していなかったのですが(サボりすぎですねはい)、ワンタンポーリング(請求ダッシュボードを定期的にみる)によりEC2のEBSの無料枠が消費されていることを検知しました。

増加傾向から、このまま放置しても無料枠からはみ出すことはないと予想されますが勉強したいときにビクビクしながら使用するのもいやなので消費をとめられないかということです。


f:id:wantanBlog:20190808003246p:plain

キャプチャにも載せていますが具体的には以下の通りです。

Amazon Elastic Compute Cloud 1 GB of Amazon Elastic Block Storage snapshot storage 13.27%(0.13/1 GB-mo)
Amazon Elastic Compute Cloud 30 GB of Amazon Elastic Block Storage in any combination of General Purpose (SSD) or Magnetic 10.29%(3.09/30 GB-Mo)

原因調査と対応

まだ緊急事態ではないので、ふんわりと調査した。
この辺が実務経験や本格的に学んだことがないのが痛いところ。正直よく分からない。

一応確認したが、もちろんインスタンスは停止されていた。

どうも、インスタンスを生成したAMIがスナップショットは自動で取得されて、EBSに保管されてその分の容量を食うとかとかなんとか。理解が違うかもしれません

対応①AMIの登録解除

スナップショットとかとった覚えもないし設定した覚えもないのほんとにあるの??

ということでまずはスナップショットの確認。

サービスからEC2を選択すると確かにスナップショットがありました。

f:id:wantanBlog:20190808004911p:plain

とりあえずスナップショットを選択しアクションから削除を実行してみる。

f:id:wantanBlog:20190808005256p:plain

しかし、削除できない。

f:id:wantanBlog:20190808005329p:plain

snap-0d0bd6b627f299456: The snapshot snap-0d0bd6b627f299456 is currently in use by ami-0cbc282bf9cff0594

AMIで使用しているからだめってことでしょうか。


次にAMIに向かいます。どうせ大したことしてないから復元できなくてもいいでしょぐらいの気持ちで、アクション>登録解除。

f:id:wantanBlog:20190808005755p:plain

登録解除できました。

f:id:wantanBlog:20190808005858p:plain

非常に無知ですが、AMIの登録解除=削除になるんですね。
ちなみにここで削除したのは以下の記事でELBを試すために作成したカスタムAMIです。

www.wantanblog.com



うーん、これでどうなるか分からないからとりあえず放置しました。

対応①の経過観察

対応①から数日後です。

請求ダッシュボードを確認すると、まだ増えてますね。

f:id:wantanBlog:20190808010324p:plain

Amazon Elastic Compute Cloud 1 GB of Amazon Elastic Block Storage snapshot storage 17.70%(0.18/1 GB-mo)
Amazon Elastic Compute Cloud 30 GB of Amazon Elastic Block Storage in any combination of General Purpose (SSD) or Magnetic 11.72%(3.52/30 GB-Mo)
対応②スナップショットの削除

今度は実際にEBSに保管されていると思われる。スナップショット自体を削除してみます。

手順は上記で失敗した手順通りでこちらも躊躇なく削除。
今度は削除できたようです。

f:id:wantanBlog:20190808010729p:plain


やっぱりどうなるか分からないのでとりあえず放置してみる。

対応②の経過観察

対応②のまた数日後。
あれ??むしろ加速してないですか??

f:id:wantanBlog:20190810010908p:plain

このままいくと月末に100%超えると言われているし。。。

f:id:wantanBlog:20190810011026p:plain


ちょっと考えものですね

対応③インスタンスボリュームの削除

ちゃんと調べないのが悪いんですけどこの辺ですかね

インスタンスに接続されている EBS ボリュームの場合、インスタンスを停止したとしても、情報の保持と料金の発生は継続されます。

EBS 関連の課金を停止するには、要らなくなった EBS ボリューム と EBS スナップショット を削除します。

引用元:停止したインスタンスの EBS 課金を停止する

ボリューム自体は前回対応時からあったようですが、以前から「in-use」だったのかは不明です。

f:id:wantanBlog:20190810012446p:plain

どこまでやると何ができなくなるのか正直分かってないですが、停止中のインスタンスにボリュームがアタッチされているっぽいのでデタッチで引っぺがしてみます。

f:id:wantanBlog:20190810012647p:plain

デタッチはできたようですね。

f:id:wantanBlog:20190810012853p:plain

よし削除してみよう。

f:id:wantanBlog:20190810013216p:plain

ボリュームも削除しちゃいました。

f:id:wantanBlog:20190810013426p:plain


ここからまた放置ですね。

対応③の経過観察


約1日後、請求ダッシュボードを確認。
ああ、止まっている。とりあえず事態は解決しました。

f:id:wantanBlog:20190811020725p:plain


しかしながらディスクにあたるボリュームを削除してしまったので当然ながらインスタンスは起動できなくなっています。

f:id:wantanBlog:20190811021818p:plain

Invalid value 'i-07926837e618b4743' for instanceId. Instance does not have a volume attached at root (/dev/xvda)


そして、スナップショットも削除してしまっているのですぐに復旧もできないです。

まとめ


なんとか無料枠の消費はとめることができました。(今後も監視は続けますが)
完全にとめるためには、EBSにあるスナップショットとボリュームを消せば安全なんじゃないでしょうか。

ただ少し焦っていたとは言え、全てを完全に削除してしまったのは少し後悔です。

手順は残してあるのですぐに同様のものは構築しなおせそうですが、環境を構築するたびに完全に削除しなきゃいけないっていうのも不便すぎるので、もう少し理解して学習を楽しみたいものです。

サイズ的には「ボリューム > スナップショット」らしいのでスナップショットだけ残しておくとかもありだったかもしません。

ボリュームをデタッチした段階での無料枠の消費挙動の観察もしていないですし、私の場合はインスタンスは3つあったので、一つのボリュームだけを残しておいて挙動を見てみるとかもやるべきだったかもしれません。

一つのインスタンスを停止して、そのボリュームを残した状態で放置して無料枠をはみ出るというのは少し考えにくいですしね。


完全に無料枠内で楽しみたい場合、ELBを試すときには複数のインスタンスを使用すると思うので放置する場合にも注意が必要なのかもしれません。
今後もEC2は確実に使用するので、理解しながら学習を進めていきたいと思います。